オメガ3脂肪酸について

オメガ3とは?オメガ3脂肪酸(DHA・EPA・ALA)サプリメントの効果・効能

オメガ3脂肪酸とは?

私たちの体には脂肪が必要

脂肪は、エネルギーになったり、細胞膜を作る材料になったり、ホルモンを作ったり、私たちが思っている以上に様々な役割を持っています。とかく脂肪というものは、ダイエットを志す方やヘルシーな食事を好む方はあまり好まないということもあるかもしれませんが、ある程度は必要な栄養分なのです。

脂肪には働きや構造の違いによって種類がありますが、最近よく耳にする「脂肪酸」というのは「あらゆる脂肪のパーツ」というイメージになります。その脂肪酸にもいくつか種類があって、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸、そして必須脂肪酸と大きく分けることが出来ます。

特に必須脂肪酸は、体内で作られなかったり、作ったとしても少量だったりするので、食物から摂取しなければならない脂肪酸となっています。オメガ3脂肪酸はそんな必須脂肪酸の1つ。ちなみに、他にはオメガ6脂肪酸やオメガ9脂肪酸などがあります。

ではどうして、その中でもオメガ3脂肪酸ばかりが注目され、積極的に摂取すると良いと言われているのでしょうか?

必須脂肪酸と言うからには、オメガ6脂肪酸も必要には違いないのに、現代ではオメガ6脂肪酸は敵視され、オメガ3脂肪酸ばかりもてはやされる傾向にあります。

その理由は簡単です。現代人はオメガ6脂肪酸を摂りすぎていて、オメガ3脂肪酸を摂取する機会が少ないからなのです。要は、どちらかが悪でどちらかが善という話ではなく、バランスの問題。

オメガ3脂肪酸を摂取するということは、体内で働く脂肪のバランスを整える1つの方法なのです。

オメガ6脂肪酸の摂りすぎ問題

オメガ6脂肪酸を摂りすぎて、脂肪のバランスを崩してしまう理由は単純です。

オメガ6脂肪酸に代表されるリノール酸(AL)は、調理でよく使われるサラダ油などのオイルに含まれ、米やパンなど主食的な食べ物、卵や肉類にも多く含まれているからです。

つまり、オメガ6脂肪酸は必須脂肪酸とは言え、普通に食事をしていたら全く問題なく摂取できる脂肪酸なので、足りなくなることはないし、むしろ私たち現代人にとっては過剰摂取気味なのです。

この過剰摂取により、悪玉コレステロールが増え、血管内の脂質のバランスが崩れ、結果的には高血圧や動脈硬化や心筋梗塞にかかるリスクを高めることになるのです。他にも代表的な弊害として、アレルギーやアトピーや関節炎などの炎症系の疾患を悪化させてしまうことが知られています。

脂肪酸はそれぞれの持ち場で互いに補い合いながら活動しているものです。

だからこそ、オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸のバランスを調節すると共に、脂肪分の絶対的な量を減らすことが、多くの健康を志す方の目標になっているのです。

現代人の食生活では、オメガ6脂肪酸の摂取量が必要量の5倍とも10倍とも言われています。食べ過ぎ・揚げ物が好物等に心当たりがある方は、脂肪酸の摂り方を考える必要があるのかもしれません。

オメガ3脂肪酸ってどうやって摂るの?

オメガ3脂肪酸は、オメガ6脂肪酸に比べて摂りにくい脂肪酸です。

それでも、ドコサヘキサエン酸(DHA)やエイコサペンタエン酸(EPA)と言ったオメガ3脂肪酸は魚に多く含まれるものですので、摂取が極端に難しい訳ではありません。

また、αリノレン酸(ALA)と呼ばれるものもオメガ3脂肪酸の一種で、これは主にクルミやエゴマ油など植物性のオイルに含まれるものです。こちらは頻繁にお目にかかるものではないかもしれませんが、オメガ3脂肪酸を摂ろうとすれば、クルミを積極的に食べれば良いということになります。

「お肉の代わりにお魚を食べる」とはよく聞きますが、焼き鳥や焼き肉や揚げ物ではお腹いっぱいになるまで食べるイメージが出来ますが、同じ量のお魚を食べるのはやはりきつい気がします。

お寿司なら...と思われる方もいるでしょうが、寿司の半分以上はお米ですし、酢飯のカロリーは非常に高いですから、健康目的でドカドカと食べてしまうのはあまり意味がありません。

そこで、オメガ3脂肪酸を多く摂りたい人が取る行動はおおよそ二通りです。

1つはDHA・EPAを濃縮したフィッシュオイルサプリメントを飲むこと。もう1つは、クルミを常食するか、エゴマ油などを日常的に使うことです。

しかし、クルミの常食は好き嫌いがあったり飽きてしまったりで続かないし、エゴマ油などは品質の良いものは非常に高価で、また品質の良いものでなければすぐに酸化してしまうのであまり意味がないという問題があります。

このような理由から、多くの方がフィッシュオイルサプリメントを選択しています。

脂肪の摂り方が気になる方、これから健康を意識していきたい方。あなたも良質なフィッシュオイルで脂肪酸のバランス調整をしてみてはいかがでしょうか?

見出し
  •